ソリューション
Solution
業務ソリューションから探す
課題から探す
テクノロジーから探す
製品から探す

ハンディターミナル入力ステーション Rfgen

ハンディターミナル入力ステーションのメリット

フロントエンドにハンディターミナルを活用し、RFgen-SAPアプリケーションを接続することにより、SAP ERPに物の動きをリアルに反映でき、本来SAP ERP が持つ情報のリアルタイム統合を促進します。生きた信頼のできる情報が、「見える経営」を加速します。

※ RFgenは、米国DataMax社の製品です。RFgen日本総代理店のノーラックス社のサイト → NORAX

ハンディターミナル -RFgen-SAP連携ソリューションの利点

リアルな会計情報の参照が可能

SAP ERPとハンディターミナルはリアルタイムでデータのやり取りをします。
したがって、バーコードを読むと同時に、SAP ERPの在庫・購買モジュールから会計モジュールに情報が伝達され、自動的に仕訳が起きます。
経営者はモノの動きに即応した会計情報を確認できます。

SAP ERP画面への煩雑な伝票登録業務を簡略化

ハンディターミナルでの入力項目は最小限に絞られています。
したがって煩雑なSAP ERPの画面での操作が不要となり、伝票登録業務を簡略化できます。
また、画面操作教育費などの削減が可能です。

受入、出荷処理に伴うミスを防止

受入、出荷情報を、物を目の前にしてハンディからSAP ERPに直接入力できるため、人を介しての情報の受け渡しや二重登録などによる入力ミスの発生を最小化します。

Rfgen-SAPで用意されている41のテンプレート

SAPのバージョンアップへの対応が簡単

RFgenで利用している41のテンプレートは、SAP R/3 4.6C、4.7(Enterprise)、ERP2004、ERP6.0の各バージョンに対応しています。
したがって、SAPのバージョンアップにも対応可能です。

Rfgen-SAP導入後のイメージ

ハンディターミナル -RFgen- SAPマスターデータ及び伝票情報取得イメージ

ハンディターミナルからRFgenサーバーに接続し、RFgenアプリケーションを実行します。

ハンディターミナルから入力したデータはRFgenアプリケーションからSAPの汎用モジュールであるBAPIを実行して、SAPの伝票情報を登録/照会/削除処理します。

マスタ情報もSAPのデータベースをBAPIを利用して、直接参照します。

これにより、WMSの構築に際しては、プログラム開発を最小限に抑え、倉庫業務のプロセス設計に重点を置くことができるようになります。
また、あらかじめ用意されている41のテンプレートを利用することで、短期での立ち上げが可能です。

SAPマスターデータ及び伝票情報取得イメージ

プロフェッショナルに聞く
mcframe
お問い合せフォーム / Tel:03-3510-1622
b-en-gメディア掲載情報
早わかりb-en-g
B-EN-G Group
  • 東洋ビジネスシステムサービス
  • B-EN-G Shanghai
  • B-EN-G Thailand
  • B-EN-G Indonesia
  • B-EN-G Singapore
  • B-EN-G USA