ソリューション
Solution
業務ソリューションから探す
課題から探す
テクノロジーから探す
製品から探す

原価シミュレーション

SAP ERPの原価情報をもとにし、入力する変動情報だけを加味して計算、短時間で原価を算出します。当年度+5年の立案ができますので、年度計画だけでなく、中期計画の立案でも活用できます。

原価予測業務への要請と原価管理担当者の悩み

ERP導入済みの企業では、ERPの原価情報を活用し、過去・現在・未来を繋げ中長期の経営シミュレーションを立てるのが一般的になってきています。しかし、予測期間での原価見積り(特に製品原価予測)作業は、担当部門が工夫しながらMicrosoft Excelなどを駆使し立案しているのが実情ではないでしょうか。
この作業にかかる時間を短縮し、どなたでも簡易に原価予測ができる道具がB-EN-Gの提供する原価シミュレーションシステムです。

原価シミュレーションシステムとは

原価シミュレーションシステム(CSS)の特徴

SAP ERPの原価情報をもとにして、入力する変動情報だけを加味して計算しますので、短時間で原価を算出できます。年度計画、中期計画の立案で採用可能なように当年度+5年の立案を可能にしています。基幹システムのマスタメンテナンス業務は必要ありません。

原価シミュレーションシステムの特徴

原価シミュレーションシステム(CSS)の利用イメージ

ベースとなる原価情報は、SAP ERPで計算したものを利用します。操作する個人毎に、思い通りの計算をパターンを変えて何度でもトライできます。

原価シミュレーションシステムの利用イメージ

出力情報

標準で下記の情報を出力します。出力形態は、さらに利用者が自由に加工できるよう、Excel形式を採用しています。

出力情報

導入の流れ

データ抽出プログラムをERPへインストールし、データ抽出処理を実行します。標準導入スケジュールは3ヶ月です。

導入の流れ

プロフェッショナルに聞く
お問い合せフォーム / Tel:03-3510-1622
b-en-gメディア掲載情報
早わかりb-en-g
B-EN-G Group
  • 東洋ビジネスシステムサービス
  • B-EN-G Shanghai
  • B-EN-G Thailand
  • B-EN-G Indonesia
  • B-EN-G Singapore
  • B-EN-G USA