ソリューション
Solution
業務ソリューションから探す
課題から探す
テクノロジーから探す
製品から探す

Informatica MDM

Informatica MDMは、顧客、製品、パートナー、サプライヤーなど、さまざまなドメインのマスタデータを単一のプラットフォームで管理できるソリューションです。 多くの拠点の、ERP、CRM、SCM等様々なシステムのマスタデータを管理し、グローバル経営に役立つデータを俊敏に提供する環境を作ります。

概要

Informatica製品のカバー範囲

マスタデータ管理には、技術的な要素として、データ連携・統合、データ品質の維持、マスタデータ管理という3つのキー技術が必須です。

マスタデータ管理

マスター データ間の関係を管理し、様々なマスタデータの重複検出、照合と解決を行う。履歴管理、監査証跡、ワークフロー等を兼ね備える。

データ連携・統合

マスタデータ管理システムと他システムとの同期配信など複雑になりがちな連携を管理する。

データ品質の維持

マスタデータを品質定義、管理する。

インフォマティカ社の製品は第3者機関の評価において、これらの領域のソフトウエアとしていずれもリーダーとして位置づけられています。
また、対象システムの拡大、拠点展開にも柔軟に対応します。
※Forrester Research 2012

【利用例】

informatica利用例
↑クリックで拡大表示

B-EN-Gの強み

MDMとERP/CRMとの連携ノウハウ

MDMの導入において、特に集中メンテナンスを想定した場合、開発工数を肥大化させがちなのが、アプリケーションへの配信時にエラーを発生させないバリデーションロジックとデータ連携です。
連携先の中には、DBを隠蔽化している、項目数が非常に多いなどのクセのある製品も考えられます。
B-EN-Gでは主に大手企業に採用されているSAP ERPに関して、マスタの入力チェックを一覧化しており、かつERPのデータモデルや連携技術にも精通しているため、バックエンドまで含めた連携を効率的に構築します。
B-EN-Gの強み

導入実績

B-EN-GはInformatica MDM導入プロジェクトを多数手がけております。 コニカミノルタ様のMDM導入事例は各種メディアにも取り上げられました。※メディア掲載はこちらでご確認いただけます。
セイコーエプソン様への導入プレスリリースはこちら

資料ダウンロード

以下の資料をダウンロードすることができます。

Informatica MDM導入事例 1

企業の合併による急成長で、必要な情報&コードがバラバラとなり、「経営情報の見える化」が困難に。
課題解決対策として、Informatica MDMによる顧客情報統合をはかった導入事例を記載

Informatica MDM導入事例 2 コニカミノルタ株式会社

グローバルでの競争力強化のため、マーケティング情報分析の基盤づくりが必要に。
ERPやCRMなどグローバルシステムへ供給するマスタデータを集中管理し、ガバナンス強化と品質向上をはかったコニカミノルタ様のInformatica MDM導入事例を記載

mcframe
プロフェッショナルに聞く
業務に役立つコラム
グローバルサイト
お問い合せフォーム / Tel:03-3510-1622
b-en-gメディア掲載情報
B-EN-G Group
  • 東洋ビジネスシステムサービス
  • B-EN-G Shanghai
  • B-EN-G Thailand
  • B-EN-G Indonesia
  • B-EN-G Singapore
  • B-EN-G USA