お知らせ
プレスリリース
メディア掲載情報

キヤノンITソリューションズが東洋ビジネスエンジニアリングの株式を取得

2018年03月14日
キヤノンITソリューションズ株式会社
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
pdf版(215.3 KB)

キヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森 晶久、以下「キヤノンITS」)は、本日付で東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:大澤 正典、以下「B-EN-G」)の株式360,000株(発行済株式総数の6.0%)を取得いたしましたので、お知らせします。

キヤノンITSは、製造、流通、金融、文教などの業務系システム領域におけるコンサルティングから開発、運用、保守に関わるトータルサービスの提供に加え、近年社会的にますます必要性が高まっているAI、IoT、ビッグデータなどの積極的な活用により、さまざまなソリューションをお客さまに最適な組み合わせで提供しています。その中で、SIサービス事業では製造業向けに基幹業務トータルソリューション「AvantStage(アバントステージ)」を展開しています。
一方、B-EN-Gは、製造業向けの基幹業務システム(ERP)を中心に、サプライチェーン、クラウド、IoT関連システムの構築・導入サービスを事業の柱として、「mcframe」を始めとする自社開発ソフトウェア製品の開発と販売、およびITソリューションの提供で豊富な実績があります。

今般の株式取得により、「AvantStage」を展開しているキヤノンITSと、AvantStageの中核をなす「mcframe」の開発元であるB-EN-Gが、製品・販売・人材面での協力を通じて、基幹業務システム導入の拡大を目指します。また、両社取り組みのもと、「mcframe」とキヤノンITSグループが開発・販売している経営管理ソリューション(会計・人事給与)「SuperStream」の連携強化も目指します。

【ニュースリリースに関するお問い合わせ】
キヤノンITソリューションズ株式会社 
企画本部 事業推進部 コミュニケーション推進課
TEL:03-6701-3603 E-mail:comdep@canon-its.co.jp


東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 
業務管理本部 広報担当 猪野
TEL:03-3510-1615 E-mail:kouhou@to-be.co.jp



【ご参考】

【両社の概要】

社名:キヤノンITソリューションズ株式会社
設立日:1982年7月1日
住所:東京都品川区東品川二丁目4番11号 野村不動産天王洲ビル
代表者:代表取締役社長 神森 晶久
資本金:3,617百万円
売上高:単体 84,700百万円(2017年12月期)
主な事業内容:SIおよびコンサルティング、各種ソフトウェアの開発・販売
従業員数:単体 3,812名(2017年12月現在)

社名:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
設立日:1980年12月20日
住所:東京都千代田区大手町一丁目8番1号
代表者:代表取締役社長 大澤 正典
資本金:697百万円
売上高:連結 13,289百万円(2017年3月期)
主な事業内容:企業経営および情報通信システムのコンサルティング、コンピュータネットワークの企画および開発、情報通信システムの企画、開発、販売およびリース
従業員数:連結 582名(2017年9月現在)

  • 戻る
Get ADOBE ® READER ®

PDFファイルの閲覧には、Adobe Readerをインストールする必要があります。
Adobe Readerをダウンロードする